低用量ピルなどの医薬品で短期にPMDDを改善する

女性はその身体的な特性上、周期的に生理をともなうものですが、この生理によって、女性ホルモンに由来するさまざまな肉体的な変調をきたすことがあります。
たとえば、生理の前に吐き気、全身のだるさ、頭痛、腹痛といった身体的な症状があらわれて、つらい状態になるものの、生理がはじまってしばらくすると、それがまったく消失してしまうという、月経前症候群があります。
生理中に同様の症状があらわれて、仕事や勉強にも身が入らないといったひどい状態になってしまうものは、月経困難症とよばれています。
ほかにも、月経前症候群では身体的な症状のほうが主体となっているものの、むしろ精神的な症状、たとえば不安感が強い、ゆううつになる、物事にやる気がわかないといった症状のほうが中心となる場合には、PMDD、すなわち月経前不機嫌性障害というものになります。
こうした生理にともなう症状を短期に克服するためには、低用量ピルのような医薬品を一定の期間服用するのが効果的であるといえます。
低用量ピルには女性ホルモンである卵胞ホルモンや黄体ホルモンが一定の量だけ含まれていますので、これを服用することによって、女性ホルモンの濃度が体内で安定するようになります。
このことによって、生理の前やその最中における不快な症状が、短期間で改善されるようになります。
また、PMDDのように精神的な症状のほうが強い場合には、このほかにも、精神安定剤のようなものを服用することによって、症状をやわらげることができます。
このあたりのさじ加減は、当然ですが、専門の医師にまかせるべきものといえますので、症状にあわせて、婦人科または精神科をひとまず受診するのがよいといえるでしょう。

ページトップへ