低用量ピルの使い方を学び月経の悩みをコントロール

日本での低用量ピルへの理解はまだそこまで進んでいません。不妊になってしまうのではないか、副作用があるのではないかと心配し、服用しない女性が多いのが実態です。しかし、低用量ピルは医師から正しい使い方を学び、用法用量を守って服用すれば女性にとって強い味方となる薬なのです。海外での低用量ピル普及率は目覚ましいものがあり、女性主体で行える避妊行為としても人気があります。低用量ピルを服用すると、避妊効果以外にいくつかメリットがあります。まず、女性は月に1度月経があります。人によっては吐き気、腹痛、頭痛などを引き起こす厄介なものです。毎月毎月腹痛に悩まされている女性は非常に多いです。しかし、服用を開始することによって、そのような苦痛をコントロールすることができます。ひどい腹痛に悩まされている女性の中には、子宮内膜症などの予備軍となっている人もいます。ピルは子宮内膜症の予防や治療にも使われる薬なので、そういった女性特有の病気を防ぐこともできるのです。実際に低用量ピルの服用を始めて1カ月ほど低下してから、まったく腹痛が起こらなくなったという女性はたくさんいます。月経期間に伴う肌荒れ、ニキビなどにも高い効果を発揮するのも女性にとっては嬉しいポイントです。また、楽しいバカンスや大事な仕事の時など、月経が来ると困る時には月経開始日をコントロールすることもできます。普段からピルを服用している女性は自由自在に月経の開始日をずらすことができるのです。海外にバカンスに行って海に入る予定がある時などは大変便利です。このように女性にとって嬉しい効果をもたらす低用量ピルですが、必ず医師の指示に従って服用するようにしましょう。

ページトップへ